読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてのiPhone教室

iPhoneを使ってみたいというかた、iPhoneを持っているけど使い方がわからないというかた、そんなあなたの為にiPhone使い方をイチから学べるiPhone教室。説明書がなくても大丈夫!初心者でも機械が苦手でも動画と文章と写真で丁寧に学べます。

Apple IDを作成しよう!

 

 

こんにちは!

iPhone教室の安藤です。

 

ガラケーからスマートフォンにするといろいろなアプリを入れて、もっと便利にスマートフォンが使えるようになります。

【3時間目】アプリって何? - はじめてのiPhone教室

 

しかし、買ったばかりのiPhoneはすぐにアプリを入れることができません。

iPhoneにアプリを入れる為にはまずApple ID(アップルアイディー)を作成する必要があります。

 

ちょっとややこしくてめんどくさいので今日はApple IDの作成方法の説明をします。

まだ作っていない人は一緒に画面を進めていきましょう。

続きを読む

【はじめてのiPhone】iPhoneの選び方

そろそろスマホにしようと考えてるけどいったいどれを選べばいいのかわからない!と思ってる方はたくさんいると思います。

あとは既にスマホを使っている方でも次にどのスマホを選べばいいか迷っているかたも多いんじゃないでしょうか?

本日はiPhoneの選び方について解説していきましょう。

 

これからはじめてのスマートフォンにしようと思っているけど、アイフォンとかアンドロイドとか全然わからないよ~って方はこちらからごらんください。

iphonekyoshitu.hatenablog.com

 

ではまず2017年4月現在、どんなiPhoneが発売されているのかを見ていきましょう。

 

iPhone 7

iPhone 7 Plus(プラス)

iPhone SE(エスイー)

iPhone 6s(シックスエス)

iPhone 6s Plus

iPhone 5s

 

この6種類です。

ではそれぞれどんな特徴があるのでしょうか?

 

iPhone 7 / iPhone 7 Plus

一番新しいのがiPhone 7iPhone 7 Plusで2016年9月に発売されました。

この2つは基本性能は大きく変わりませんが、iPhone 7 Plusの方が画面が大きいです。

左がiPhone 7、右がiPhone 7 Plus

f:id:iphonekyoshitu:20170412172226j:plain

 

 

正確に言うとカメラ性能はiPhone 7 Plusの方が上です。

特徴としてはおサイフケータイが使えることと、水濡れにも強くなった点です。

suica(スイカ)も使えるのでiPhoneをピッとやって電車に乗ることもできますし、iPhoneに飲み物がこぼれちゃっても平気です。

 

iPhone 7iPhone 7 Plusは、ドコモ・auソフトバンクアップルストアで購入することができて、価格はiPhone 7 Plusの方が1万円ちょっと高めです。

 

色は、ジェットブラック、ブラック、ゴールド、シルバー、ローズゴールド、レッドの6色でレッドは新色として3月25日に発売されたばかりです。

 

容量は3種類あり、32GB(ギガバイト)、128GB、256GB。

※容量とはiPhoneにどのぐらい写真やアプリを保存できるかで、32GBが一番少ない、256GBが一番多い。

もちろん容量が多くなれば金額も上がって、ひとつ容量をあげると1万円ちょっと高くなります。

残念ながら32GBの場合、ジェットブラックとレッドは発売されていないので選べないようになってます。

 

 

iPhone SE

 2016年3月に発売されたiPhone SEは小さめで片手でも操作しやすいiPhoneです。

小さいですが、基本性能はiPhone7と比べてもそこまで遜色がなく、大き目のスマホよりも小さい方が使いやすいという方に人気です。

f:id:iphonekyoshitu:20170412180128j:plain

 

 

実はこのiPhone SEは2013年に発売されたiPhone 5sと形や大きさは全く一緒で、性能だけ上がったリメイク版なんです。

なのでiPhone 5iPhone 5sのケースを使うことができます。

 

iPhone SEはドコモ・auソフトバンクアップルストアの他に格安スマホのワイモバイルとUQモバイルでも購入できます。

 

色はスペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4色。

容量は16GB、32GB、64GB、128GBがありますが、ワイモバイルとUQモバイルでは32GBと128GBのみとなっています。

 

 

iPhone 6s / iPhone 6s Plus

2015年に発売されたiPhone 6sとiPhone 6s Plusは、iPhone 7iPhone 7 Plusと同じように、大きさがちがうだけで性能はほとんど変わりません。

f:id:iphonekyoshitu:20170412180701j:plain

 

 

発売されたのが1年前なのでiPhone 7と比べると少し性能は落ちますが、元々性能が高いので使っててもそんなに気になる差ではありません。

ちなみにiPhone SEはiPhone 6sと同等の性能です。

 

ドコモ・auソフトバンクから発売されていましたがすでに生産終了しているのでなかなか手に入らないと思います。

アップルストアなら今でもSIMフリーのiPhone 6sとiPhone 6s Plusが購入できるようです。

 

色はスペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4色。

容量は32GBと128GBがあります。

 

 

iPhone 5s

本来ならiPhone 5s とiPhone 6sの間にiPhone 6があるのですが、iPhone 6は中古や売れ残りが無い限り手に入らないでしょう。

では4年も前に発売されたiPhone 5sが今での売っているかと言うと、お値段安めのiPhoneとして販売されています。

 

販売されているのはワイモバイルかUQモバイルのみで、色もスペースグレイかシルバーの2色。

容量はワイモバイルは16GBと32GB、UQモバイルは16GBのみ取り扱っています。

 

大きさはiPhoneSEと変わりませんが、カメラ性能や処理能力はだいぶ低くなってしまいます。

しかしiPhone SEと比べると2万円程価格は安いですね。

 

 

iPhoneの選び方

以上6種類のiPhoneが現在発売されています。

iPhone 6sとiPhone 6s Plusはアップルストアでしか販売されていないので必然的にiPhone 7iPhone 7 PlusiPhone SEiPhone 5sになってくると思います。

 

ではiPhoneを選ぶポイントを考えてみましょう。

 

・防水とおサイフケータイ

・ケータイ会社

・大きさ

・容量

・金額

・色

 

iPhoneを選ぶうえで考えるポイントは上の6点です。

 

防水とおサイフケータイ

まず防水やおサイフケータイが必要という人はかならずiPhone 7iPhone 7 Plusになります。

iPhone SEiPhone 5s、iPhone 6sとiPhone 6s Plusも防水とおサイフケータイはついていないからです。

とはいえ防水もおサイフケータイもなくても生きていけます!でもあった方がちょっとだけ生活が便利になりますよ。

 

ケータイ会社

次にケータイ会社、ドコモ・auソフトバンクにするのか、それともワイモバイルやUQモバイルなどの格安スマホにするのか、それともSIMフリーiPhoneを買って格安スマホを使うのかがポイントになります。

たとえばメールアドレスが変わると困るって方は今使っているケータイ会社を使う必要があります。

とにかく安くしたい!って方は格安スマホがおススメです。

 

しかし、iPhone 7iPhone 7 Plusは格安スマホでは販売されていないのでアップルストアSIMフリーiPhoneを買う必要があります。

逆に一番安く使えるiPhone 5sはドコモなどでは販売していないので必然的にワイモバイルかUQモバイルになります。

 

大きさ

iPhoneの大きさは3種類あります。

一番大きいのがiPhone 7 Plus

中ぐらいなのがiPhone 7

一番小さいのがiPhone SEiPhone5sです。

iPhone 7とiPhone 6sは同じ大きさ、iPhone 7 PlusとiPhone 6s Plusは同じ大きさです。

左からiPhone7Plus、iPhone7、iPhone SE

f:id:iphonekyoshitu:20170413124445j:plain

 

iPhone7 Plusは他のAndroidスマホと比較してもかなり大きめですが、逆にiPhone 7は他のスマホと比べると少し小さめ。iPhone SEに関してはダントツで小さいです。

自分がスマホをどう使うかによって大きさは変わりますが、やはり画面が大きい方が見やすいです。

このブログを表示してみると分かりますが、文字の大きさは同じでも画面が大きいとたくさんの文字が表示されるのでいちいちページをめくる必要がありません。

f:id:iphonekyoshitu:20170413124739j:plain

 

文字を拡大してみると結果どれを選んでも変わりません。

f:id:iphonekyoshitu:20170413124850j:plain

 

写真のうつりの問題で画面の明るさがバラバラに見えますが、実際はiPhone7とiPhone7 Plusは画面の明るさは変わりませんが、iPhone SEはちょっとだけ暗いです。

 

私はスマホは立っているときにiPhoneを操作することが多いため、出来れば片手で操作したいので現在iPhone SEを使っています。

逆にスマホを使うのは座ってるときやゆっくりしているときが多く両手で操作が可能ならiPhone7 Plus。

ある程度大きさも必要だけど、片手でも操作したい、大きすぎは困るって方はiPhone7がいいでしょう。

 

ちなみに今一番人気があるのはiPhone7、つまり真ん中のサイズです。

大きさに関してはお店に行って実際に自分にどのサイズがぴったりか試してみた方がいいですね。

 

 

容量

iPhoneにはそれぞれ容量が決まっています。

iPhoneにはSDカードが入らないので写真は本体に保存しておくのですが、写真やアプリをどのぐらい保存できるかという容量にいくつか種類がありまし。

iPhone 7iPhone 7 Plusなら32GB、128GB、256GB。

iPhone SEなら16GB、32GB、64GB、128GB。

iPhone 5sなら16GB、32GBです。

ケータイ会社によって販売しているものやすでに生産終了してしまっている容量もあるので気を付けましょう。

 

ではそれぞれの容量でどのぐらい保存できるかと言うと、32GBでも写真なら数千枚は軽く保存することができます。

しかし32GBとは言っても実際に32GB丸ごと使えるわけではありません。

iPhone自体がもともと容量の一部を使っているので実際に使えるのは32GBでも27GBぐらいで、表記の容量よりも5~7GBほど少なくなります。

さらに容量が1~2GBを下回るとiPhoneの性能がフルに発揮できなくなってくるので常に2GB以上は開けておきたいところ。

そして大き目のバージョンアップだと1GB以上あるのでもう2GBは開けておきたいので32GBのiPhoneでも使えるのは23GBぐらいという事になります。

 

じゃあどれを選べばいいのかと言うと写真やアプリをほとんど取らないなら32GBあれば充分。

ただし写真をあんまり撮らない人でも16GBだとのちのち足りなくなると思います。

 

逆にある程度写真を撮ったりアプリをダウンロードするなら64GBは欲しい所。

 

写真もアプリも取りまくる!って方なら128GB以上がおススメですが、iPhoneを壊してしまうとデータは全て消えてしまうので定期的なパソコンでのバックアップをおススメします。

 

もちろん容量を上げるとその分金額も上がりますが、あとから容量を変更することはできないのでここはケチらずに自分の使い方に合った容量を選んだ方がいいと思います。

 

 

金額

iPhoneの金額は本体の大きさに比例して上がっていきます。

iPhone 7 Plusが一番高くて、iPhone 5sが一番安い。

金額は気にしないならピッタリなのを選べばいいですし、なるべく安くしたいなら大きさを下げましょう。

あとは容量を下げればもちろん金額も下がります。あんまりオススメしませんが。

 

 

ここまでくればもうほぼ決まったようなものです。

あとは自分の好きな色を選ぶだけです。

でも意外とここが難しい所です。

それぞれのiPhoneによって色のバリエーションがちがいますが、女性にはローズゴールドが圧倒的に人気です。

男性はもちろんジェットブラックやブラック、スペースグレイの黒系。

 

とはいえ色を選びに迷ったとしてもケースを付けるならほぼ意味がありません。

ケースを付けたら色関係なし。

唯一表面に関しては、ジェットブラック・ブラック・スペースグレイは画面側も黒ですが、ゴールド・シルバー・ローズゴールド・レッドは画面側は白です。

表はケースをしても隠れないのでここだけ気にしてればいいかもしれません。

 

とはいえこれから2年は使うiPhoneです。

自分の一番気に入った色を選ぶのが一番いいと思います。

 

 

さあ、ここまでひとつづつ見ていったあなたならもうほとんど自分にピッタリなiPhoneが決まっているんじゃないでしょうか?

金額に関してはお店や時期によって異なるので実際にお店で聞いてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

【11時間目】電話アプリの使い方

みなさんこんにちは!

iPhone教室の安藤です。

 

その名の通り、iPhoneは電話です。

なので当たり前ですが、電話をかけることができます!!!笑

電話をかける、電話をうけるという基本的な使い方を学んで、さらに電話帳の見方や便利な使い方を学んでいきましょう。

 

動画で見たい方はこちらからご覧ください。

電話アプリの使い方 iPhone教室 11時間目 - YouTube

 

 

電話アプリの機能を知ろう

f:id:iphonekyoshitu:20170404165706p:plain

 

iPhoneの電話アプリは緑色の受話器マークです。

これをタッチすると電話が起動します。

 

電話アプリは電話をかける為のアプリですが、5つの機能があります。

下の所を見ると5つのマークが並んでいて、

f:id:iphonekyoshitu:20170404165921p:plain

 

・よく使う項目

・履歴

・連絡先

キーパッド

・留守番電話

 

マークをタッチすると画面が切り替わります。

それぞれの機能についてみていきましょう。

 

f:id:iphonekyoshitu:20170404170039p:plain

ここにはよく電話をかける相手を登録しておくことができます。

電話帳にはいろんな人が入っているので、頻繁に電話をかける人を探すのはいちいち面倒なのでよく使う項目に登録しておけば簡単に電話をかけることができます。

電話だけでなくメールなどをすぐ送れるように設定することもできます。

 

 

f:id:iphonekyoshitu:20170404171517p:plain

履歴には着信履歴・発信履歴が記録されています。

相手に折り返しの連絡をする際にもここからすぐに電話をかけることができます。

 

 

f:id:iphonekyoshitu:20170404171733p:plain

連絡先は「電話帳」のことです。

知り合いの名前や電話番号、メールアドレスを保存しておくことができます。

もちろん電話をかけたり、メールを送ったりすることもできます。

 

 

f:id:iphonekyoshitu:20170404171928p:plain

キーパッドは電話番号を入力して電話をかける場合に使います。

 

 

f:id:iphonekyoshitu:20170404172214p:plain

留守番電話を押すと留守番電話センターに保存されたメッセージを聞く事ができます。

 

ではそれぞれの機能の使い方を詳しく見ていきましょう。

 

よく使う項目

よく使う項目に相手を新しく追加するためには画面左上の「+」のマークを押します。

 

f:id:iphonekyoshitu:20170404172315p:plain

 

 

すると連絡先(電話帳)が表示されるのでこの中から登録したい相手を選びます。

f:id:iphonekyoshitu:20170404172610p:plain

 

相手を選ぶとメッセージ・発信・メール・ビデオなどが表示されます。

f:id:iphonekyoshitu:20170404172935p:plain

 

 

よくショートメール(SMS・Cメール)を送る場合はメッセージ、

よく電話をかける場合は発信、

よくeメールを送る場合はメール、

テレビ電話をする場合はビデオを選びます。

 

するとよく使う項目に相手が表示され、これでよく使う項目への登録は完了です。

あとは相手の名前をタッチするだけで電話をかけることができます。

f:id:iphonekyoshitu:20170404173028p:plain

 

 

間違えて登録してしまった場合など、よく使う項目から相手を削除したい場合は画面の右上の編集を押します。

f:id:iphonekyoshitu:20170404173220p:plain

 

 

すると相手の名前の左側に赤いマークで「-」が出てくるので押すと、右側に「削除」と表示されます。

f:id:iphonekyoshitu:20170404173523p:plain

f:id:iphonekyoshitu:20170404173541p:plain

 

あとは削除をタッチすれば相手の名前がよく使う項目から消えます。

 

よく使う項目から消してしまっても、連絡先(電話帳)にはちゃんと相手の名前は残っているので安心してくださいね。

 

よく使う項目の相手の名前を押すとすぐに電話がかかったり、メールの送信画面に切り替わるので押し間違いには気を付けましょう。

 

 

履歴

履歴には電話がかかって来た相手や時間、自分が電話を発信した相手や時間記録されています。

相手の名前(連絡先に入っていない人の場合は電話番号)を押せばすぐに電話をかけることができます。

 

f:id:iphonekyoshitu:20170411123409p:plain

 

 

名前の左側に受話器のマークが書いてある場合は自分がかけたもの。

マークが何もないのが相手からかかって来たものです。

 

相手からかかってきたのに出れなかったもの(不在着信)に関しては、赤い文字で相手の名前が表示されています。

 

不在着信のみをまとめてみたい場合は、画面の一番上の「不在着信」をタッチすると不在着信のみを表示してくれます。

またすべての履歴に戻す場合は「すべて」を押します。

 

もしも履歴を消したい場合の削除方法は「よく使う項目」の削除方法と同じで、右上の「編集」を押します。

相手の名前(電話番号)の右側の赤い「-」を押すと右側に「削除」と出てくるので押せば履歴を削除できます。

 

まとめてすべての履歴を消したい場合には「編集」を押した後で左上の「削除」を押して「すべての履歴を消去」を押しましょう。

消してしまった履歴は戻ってこないので削除する際には気を付けてください。

 

 

連絡先

電話アプリ以外にもiPhoneには「連絡先」というアプリもあります。

しかし連絡先アプリは「よく使う項目」や「履歴」などがないので電話アプリの方が便利に使えます。

 

f:id:iphonekyoshitu:20170411123540p:plain

 

 

連絡先には知り合いの名前があいうえお順に表示されていますが、一番上には自分の電話番号が表示されてます。

自分の電話番号を覚えていない場合には電話アプリの連絡先で一番上を見てみましょう。

 

相手の名前を押すと登録されている相手の情報が全て表示されています。

相手の名前の下にショートメール、電話などのマークがあるので選ぶとすぐに発信されます。

f:id:iphonekyoshitu:20170411123758p:plain

 

一覧に戻りたい場合は右上の「く」のマークを押しましょう。

 

 

連絡先の追加・削除の仕方

連絡先(電話帳)に新しく知り合いの登録をしたい場合には、一覧の右上にある「+」のマークを押すと新規連絡先追加の画面になります。

f:id:iphonekyoshitu:20170411124123p:plain

 

 

電話帳には以下の内容を登録することができます。

・名前+フリガナ

・会社名+フリガナ

・電話番号(複数登録可能)

・メールアドレス(複数登録可能)

・ホームページのアドレス(URL)

・住所

・誕生日

・写真

・などなど

 

ほとんどの方は名前と電話番号とメールアドレスぐらいですが、写真を登録したり会社の名前を保存しておいたり便利に使うこともできます。

 

必要な内容を入力したら右上の完了を押せば連絡先に保存されます。

 

 

逆に電話帳から削除したい場合は、連絡先の一覧から消したい相手の名前を選びます。

右上の編集を押すと内容の編集画面に切り替わるので一番下に進めると赤い文字で「連絡先を削除」とあるのでここを押して、もう一度「連絡先を削除」を押すと削除されます。

f:id:iphonekyoshitu:20170411124306p:plain

 

 

もちろん一度消してしまった連絡先は戻すことができないので気を付けましょう。

ただし、連絡先から削除しても履歴に着信や発信の履歴やメールに送信の履歴は残るので、それも消したい場合はそれぞれ消しましょう。

 

 

 

キーパッド

直接電話番号を入力して電話をかける場合には、キーパッドを使います。

キーパッドの画面に切り替えたらあとは数字を押して電話番号を入力して、緑色の丸い受話器マークを押すだけ!

f:id:iphonekyoshitu:20170411124411p:plain

 

途中で番号を間違えてしまった場合は右上の「×」矢印マークを押せば一文字ずつ消すことができます。

 

 

留守番電話

留守番電話がある場合、留守番電話のマークに赤い丸が付きます。

あとは留守番電話マークをタッチすれば留守番電話センターに繋がるのであとは音声ガイダンスに従って音声を聞きます。

留守番電話は基本的にオプションなので各ケータイ会社のオプションに加入している必要があります。

 

 

電話の出方

電話がかかって来た時に出る方法は2つのパターンがあります。

まずは画面が暗いとき(スリープ状態)に電話がかかって来た場合。

電話がかかってくると画面の表示がこのようになります。

f:id:iphonekyoshitu:20170412142921p:plain

 

 

赤い部分には相手の名前や電話番号が表示されます。 

緑色の受話器マークをタッチしてそのまま右へスライド(フリック)させれば電話に出るのであとはiPhoneを耳に当ててお話をしましょう。

 

次に画面が付いているときに電話がかかってくるとこのような画面になります。

f:id:iphonekyoshitu:20170412143217p:plain

 

緑色のマークをタッチするだけで電話に出れるのであとは耳に当てて話をします。

 

 

電話中の画面

次に通話中の画面を見ていきましょう。

f:id:iphonekyoshitu:20170412143835p:plain

 

 

通話中にiPhoneを耳から離してみてみると一番上に相手の名前や電話番号が表示されています。

その下に通話時間。

そしてその下に6種類のマークが表示されています。

 

「消音」を押すと相手にこちらの声が聞こえないようにできます。

もう一度「消音」を押せば解除できます。

 

キーパッド」は音声ガイダンスなどで数字を入力する場合に押すと、画面が下の様に切替わり数字が入力できるようになります。

f:id:iphonekyoshitu:20170412144159p:plain

 

キーパッドを消す場合には右下の小さい「隠す」というところをタッチします。

 

「スピーカー」を押すと耳を離しても相手の声が聞こえるようになります。

これももう一度押せば通常に戻ります。

 

「通話を追加」を押すと複数の人と同時に通話ができるようになりますが、基本的にケータイ会社のオプションに加入が必要です。

 

Facetime(フェイスタイム)」はiPhoneを使っている人同士のテレビ電話機能で、電話をかけている途中でテレビ電話に切り替えることができます。

ただし、Facetimeは電話回線ではなくインターネット回線を使っているので通信量(ギガバイト)に注意が必要です。

また相手の人がiPhoneじゃないと使えません。

 

「連絡先」は電話をかけている途中でも連絡先一覧を見ることができます。

 

最後に電話を切る場合には下の赤い受話器のマークを押せば電話を切ることができます。

ちなみにiPhoneの電源ボタンを押しても電話を切ることもできます。

 

またiPhoneは電話中でも他の機能を使うことができます。

電話中にインターネットで検索をする、メモを開く、ゲームをするなどほとんどの機能は電話をかけながら使うことができます。

電話をかけながら他の機能を使うためには、ホームボタンを押せばホーム画面になるのであとはいつも通り機能を使うだけです。

その場合はiPhoneの画面の上の方が緑色になって表示されているので電話が切れていない事が確認できます。

f:id:iphonekyoshitu:20170412144547p:plain

 

電話の画面に戻る場合には上の緑色の部分をタッチすれば通話画面に戻ります。

 

また通話中に相手の声が小さいな~と思ったら音量ボタンで音量を替えましょう。

音量ボタンはiPhoneの左側にあるボタンです。

f:id:iphonekyoshitu:20170412144840j:plain

 

 

最初の頃はiPhoneにしたのはいいけど、意外と電話の出方がわからない!という方も多いみたいです。

画面によって電話の出方がちがうのでそれぞれの出方をしっかりと覚えて焦らずに対処できるようにしておきましょう。

 

本日の内容は以上です。

Youtubeでは動画でも見れるのでこちらもご覧ください。

電話アプリの使い方 iPhone教室 11時間目 - YouTube

 

 

4月度スマホ教室開催のお知らせ

こんにちは!

iPhone教室の安藤です!

 

本日は毎月開催している鴻巣でのスマホ教室のお知らせです。

 

スマホを使いこなす3つの実践」

【日時】4月6日(木)・13日(木)

※2日間にかけて開催するので両方参加できる方

午前の部10:00~11:30(90分)

午後の部13:30~15:00(90分)

【定員】各10名

【参加費】おひとり2000円(税込)

【内容】

①メールの使い方

②インターネットの使い方

③アプリの使い方

 

既にスマートフォンをお持ちの方が対象です。

スマホは持っているけど、使い方がよくわからない方、使っているけどなかなか慣れない方、みんなで一緒に一歩一歩スマホの使い方を覚えていきましょう!

 

「シニア向けLINE(ライン)講座」

【日時】4月20日(木)

午前の部10:00~11:30(90分)

午後の部13:30~15:00(90分)

【定員】各10名

【参加費】おひとり1000円(税込)

【内容】

LINEって何?LINEとメールは何がちがうの?

LINEについて学び、実際にLINEを使って楽しく安全にLINEが使えるようになります。

 

すでにスマートフォンをお持ちの方が対象です。

スマホは持っているけどLINEは使ってない、LINEは使ってるけどイマイチ便利さがわからない、実際にLINEを使いながら便利に楽しく使えるようになりましょう。

 

 

ご参加希望の方は鴻巣コミュニティふれあいセンターまでご来館・お電話ください。

f:id:iphonekyoshitu:20170319180024p:plain

【お問い合わせ・お申込み】

でんわ 048-596-3322

住所 埼玉県鴻巣市登戸449

鴻巣市立コミュニティふれあいセンター

 

 

定員は各10名となっておりますのでお早めにお申し込みください。

みなさんの参加を楽しみにお待ちしております!

 

スマホ教室の様子をご紹介

みなさんこんにちは!

iPhone教室の安藤です。

 

ブログではiPhoneの使い方についてご紹介していますが、普段は埼玉県鴻巣市にある鴻巣市立コミュニティふれあいセンターでiPhoneAndroidを問わずスマホ教室を定期的に開催しております。

本日はちょっとだけスマホ教室の様子をご紹介させていただきます。

 

f:id:iphonekyoshitu:20170319180024p:plain

鴻巣市立コミュニティふれあいセンター

 

コミュニティふれあいセンターまでの行き方は、

JR高崎線 鴻巣駅東口から「コミュニティバスフラワー号」の「川里循環コース(右回り)」に乗って5分ほどで「ふれあいセンター入り口」につくので降りたら歩いて5分ほどで到着です。

駐車場もあるので車でのご来館も可能です。

 

ここの談話室をお借りして月に数回スマホ教室を開催しています。

 

スマホ教室が始まるとまずは私が説明をします。

f:id:iphonekyoshitu:20170319181827j:plain

 

次にみなさんに実際にスマホを使ってもらいます。

f:id:iphonekyoshitu:20170319181855j:plain

 

 

スマホ教室に参加されるみなさんは誰かに強制されたわけではなく自分で参加を希望された方ばかりなのでみなさん真剣です!

話を聞くよりもスマホをさわってる時間の方が長いのであっという間に時間が経ってしまうようです。

 

f:id:iphonekyoshitu:20170319182035j:plain

 

この日はカメラについて学びました。

スマホだとガラケーよりもきれいな写真が手軽に撮れるので使えるようになるととても楽しいですね。

簡単なスマホの使い方だけではなくきれいな写真の撮り方についても学んだのでみなさんカメラの技術がとても向上しました!

下の写真は実際にスマホ教室の生徒さんがスマホを使って撮った写真です。

f:id:iphonekyoshitu:20170319182221j:plain

 

普段このブログには登場しませんが真ん中でピースしてるのがアシスタントの野口です。

 

f:id:iphonekyoshitu:20170319182305j:plain

 

この写真なんて明るさ・構図非常にいいですよね!

みなさん写真を撮られるのにあんまり慣れてないみたいでちょっと表情は硬いですがw

とってもいい写真が撮れるようになりました!

 

1回のスマホ教室で約10名の方が参加され、各テーマごとに学んでいきます。

 

これまでに

スマホを持ってない方を対象とした基礎編として、スマホってどんなことができるか・スマホのタッチの仕方・文字の入力を学ぶ回。

スマホを持っているけどあまり使い方がわからない方向けに文字入力やカメラの使い方を学ぶ回。

メールやインターネット、アプリを実際に使ってみる回。

FacebookYoutube、LINEについてそれぞれ学ぶ回など一か月に2~3回開催しております。

 

生徒さんのほとんどが60~70代で、男性も女性も参加されています。

 

次回以降の予定は

3月23日(木) LINEについて学ぶ回

午前の部10:00~11:30

午後の部13:30~15:00

 

お申込み・お問い合わせはコミュニティセンターまで直接ご連絡ください!

鴻巣市立コミュニティ
ふれあいセンター

埼玉県鴻巣市登戸449
TEL/FAX:048-596-3322

 

 

 

 

 

【お知らせ】3月度シニア向け スマホ教室開催~埼玉鴻巣~

みなさんこんにちは!

スマホ教室の安藤です。

 

本日はスマホ教室開催のお知らせです。

 

埼玉県鴻巣市鴻巣市の「コミュニティふれあいセンター」にてシニア向けのスマホ教室を開催いたします。

 

【内容】

今回はスマホは持っていないけどこれから使ってみたい方と

スマホを持っているけどほとんど使い方がわからないという方向けの教室です。

スマホの基本的な操作の仕方や文字の入力、カメラの使い方を2回に分けて学んでいただきます。

 

【日時】

2017年3月2日(木)・9日(木)

2回に分けて開催されます。

午前の部:10時から11時30分まで(90分)

午後の部:13時30分から15時まで(90分)

 

午前の部がまだスマホを持っていない方向け

午後の部がすでにスマホを持っている方向けとなります。

 

 【料金】

料金は2日間合計で2000円(税込)

スマホをお持ちでない方には貸出しを行いますのでご安心して参加ください。

スマホをお持ちの方はご自身のスマホをお持ちください。

テキストをお配りしますので、筆記用具もご持参ください。

 

【お問い合わせ・お申込み】

でんわ 048-596-3322

住所 埼玉県鴻巣市登戸449

鴻巣市立コミュニティふれあいセンター

 

 

定員は各10名となっておりますのでお早めにお申し込みください。

みなさんの参加を楽しみにお待ちしております!

 

 

 

【お知らせ】シニア向け スマホ教室開催~埼玉鴻巣~

みなさんこんにちは!

スマホ教室の安藤です。

 

本日はスマホ教室開催のお知らせです。

 

埼玉県鴻巣市鴻巣市の「コミュニティふれあいセンター」にてシニア向けのスマホ教室を開催いたします。

 

以前からこれからスマホを使ってみたいという方や、スマホは持っているけど使い方がよくわからないという方のために定期的にスマホの使い方を学べる教室を開催しているのですが今回は

既にスマホをお持ちの方を対象にユーチューブについて学べる回

これからスマホを使ってみたい方に文字の入力など基礎的な使い方を学べる回

スマホは持っているけど使い方がわからないという方に基礎的な使い方を学べる回です。

 

2017年2月9日(木) ユーチューブの回

午前の部:午前10時から午前11時半(90分)

午後の部:午後1時半から午後3時まで(90分)

 

2017年3月2日・9日(木)の2日間 基本の回

午前の部(スマホを持っていない方向け):午前10時から午前11時半(90分)×2日間

午後の部(スマホを持っている方向け):午後1時半から午後3時まで(90分)×2日間

 

参加費は2月9日が1,000円(税込)

3月2日・9日が2日間で2000円(税込)です。

定員は各回10名までとなりますのでお早めにお申し込みください。

定員割れの場合は抽選となりますのでご了承ください。

 

必要なものはスマートフォンを持って来れば大丈夫です。

3月2日9日のスマホをお持ちでない方に対してはスマートフォンを貸出しいたします。

テキストをお配りしますので、必要な方は筆記用具もご持参ください。

みなさんのご参加を楽しみにお待ちしております。

 

お問い合わせ・お申し込みは「鴻巣市立ふれあいセンター」までお電話または直接来館ください。

でんわ 048-596-3322

住所 埼玉県鴻巣市登戸449

鴻巣市立コミュニティふれあいセンター