iPhoneの使い方教室

iPhoneを使ってみたいというかた、iPhoneを持っているけど使い方がわからないというかた、そんなあなたの為にiPhone使い方をイチから学べるiPhone教室。iPhoneは説明書ついていないけど大丈夫!初心者でも機械が苦手でも動画と文章と写真で丁寧に学べます。

【3時間目】アプリって何?


スポンサードリンク

みなさんこんにちは!

iPhone教室の安藤です!

 

スマホを使う上で欠かせないのが「アプリ」です。

でもアプリって名前を聞いたことはあるけど、どういうものかよくわからないって方も多いんじゃないでしょうか?

本日はアプリについての説明です。iPhoneだけでなくAndroidスマートフォンでも同じなので一緒にご覧ください。

 

動画で見たい方はこちらからご覧ください。

アプリって何? iPhone教室 3時間目 - YouTube

 

スマホガラケーのちがい

アプリの前に知っておきたいのがスマホガラケーのちがいです。

iPhoneを含むスマートフォンと、従来の折りたたみケータイいわゆるガラケーのちがい。

タッチ操作ができるとか、インターネットが使えるとか、ボタンが少ないとかちがいはたくさんありますが、一番明確なちがいは機能を追加することができるかどうかです。

 

スマホガラケーもどちらもケータイ電話なので電話をしたり、メールをしたりできるし、元々ガラケーにもいろんな機能が付いています。

電卓やカレンダー、テレビを見たり、写真を撮ったり、いろんなことができますが、ガラケーにはそれ以上の機能を追加することはできません。

 

たとえばちょっと前に流行ったポケモンGOというゲーム。

スマホならiPhoneでもAndroidでもポケモンGOを追加して遊ぶことができますが、ガラケーではポケモンGOで遊ぶことができません。

 

逆にスマホであれば、ゲームを追加したり、家計簿の機能を追加したり、健康管理機能を入れたり、様々な機能を追加することができます。

 

この追加できる機能のことをアプリと言います。

 

アプリは何万と言う種類があって、ポケモンGOやモンスト、モンハンと言ったゲームにアプリです。

レシピ検索アプリ、写真投稿サービス、マップ、写真や動画を編集するアプリ、本を読むアプリなど、その種類を上げたらきりがありません。

 

このアプリを自分にピッタリなものを使うことによってスマホはもっと便利に使えるようになります。

 

 

有料アプリと無料アプリ

アプリには有料のものと無料のものがあります。

つまりお金を払って使うアプリと、タダで使えるアプリがあります。

 

有料のアプリは一度お金を払えばず~っと使うことができます。

無料のアプリは完全に無料の物もあれば、一部有料でお金を払う(課金)ものもあります。

たとえばゲームのアプリは無料で使えるものもたくさんあって、ポケモンGOなども基本無料で遊ぶことができます。

しかし、アイテムをお金を払って購入すること(課金)によってゲームをもっと楽しく遊ぶこともできるんです。

 

他にも無料のアプリと同じアプリの有料のものがあって、無料の物は一部の機能が制限されていたり、広告が出てくる場合があります。

あとは月額で料金を払う場合もありますが、それはアプリの料金ではなくサービスの料金ですね。

 

ゲームは楽しくてはまっちゃうこともありますが、あんまり課金し過ぎちゃって困ったことにならないように適度に課金しましょう。

 

 

アプリを使う上での注意

自分にぴったりなアプリを使うことでスマホはもっと便利になり、生活がもっと便利になりますが、一方危険なアプリも存在するので注意が必要です。

危険なアプリとは、スマホに入っている自分の情報や友達の情報をどこかに送ったり、勝手に写真を送ったりするアプリのことです。

 

iPhoneの場合、「App Store」からアプリをインストール(ダウンロード、スマホに追加)できます。

f:id:iphonekyoshitu:20170106192854p:plain

 

 

App StoreからインストールできるアプリはiPhoneを作っているAppleがウイルスはないか、自分の情報を不正に送ったりしないかなど、審査をしているのでほぼ安全と言えますが、Appleの見落としや審査をかいくぐったアプリ、または危険な使い方ができるアプリもあります。

 

たとえば「友達を探す」というアプリはAppleが出しているアプリなので元々は危険なアプリではありません。

f:id:iphonekyoshitu:20170106193331p:plain

 

 

「友達を探す」その名の通り、自分のお友だちが今どこにいるかを探すためのアプリです。

たとえば友達と旅行に行った時にこれをお互いのiPhoneに入れて設定をしておけば、はぐれてしまった場合でも相手がどこにいるか一目で分かります。

子どものiPhoneに入れておけば、門限を過ぎても帰ってこない子どもの場所を探すことができます。

非常に便利なアプリですが、もしもこのアプリを勝手に設定されてしまった場合、相手に自分のいる場所が丸わかりになってしまい、ストーカー被害に発展しかねません。

 

アプリの内容をよくわからずに入れてしまうと犯罪の被害に合ったりする可能性もあるのでしっかりとレビューを読む、インターネットで調べるなどしてからアプリをスマホに入れましょう。

 

iPhoneでは余計なアプリはほとんど削除することができるので、よくわからないアプリが入っていた場合は、削除しましょう。

 

逆にAndroidスマートフォンの場合は、アプリに審査がなく誰が作ったかわからないアプリをスマホに入れることができてしまうので、ウイルス対策などのセキュリティはしっかりとしておくことをおススメします。

 

 

オススメアプリの紹介

最後にオススメのスマホアプリの紹介です。

 

LINE(ライン)

名前ぐらいは知ってるって人も多いでしょう。

LINEはお友だちと文字でのやり取りをするアプリです。

メールと似たようなものですが、相手とのやりとりが一覧で表示されたり、複数の人と同時にやりとりができるのでとても使いやすいです。

特にスタンプと言う大きな絵文字を使って楽しくやり取りしたり、写真を送ったりするのも非常に簡単です。

 

他にも無料通話やテレビ電話もできて現代日本のコミュニケーションには欠かせないアプリとなっています。

 

乗換案内

乗換えのアプリはたくさん種類があるのでその中でいくつか試してみて自分が一番使いやすいアプリを選びましょう。

乗換案内を使えば、電車の発車時間・到着時間はもちろん、乗換えの駅や一番早い乗継方法、一番安い乗換え方法など自分の目的にあった電車を検索することができます。

特に普段から電車移動が多い人には必須のアプリです。

 

クックパッド

最近、テレビの番組でもよく紹介されるクックパッドはレシピ検索のアプリです。

自分の作りたい料理名を入れれば、その作り方がたくさん出てきます。

簡単な作り方や美味しい作り方、アレンジの方法など、いろんな人が投稿したレシピを見ることができます。

 

他にも冷蔵庫に余った食材を入れるとその組み合わせから作れるレシピを教えてくれたりと料理好きにも料理が苦手な方にもピッタリなアプリです。

 

 

 

本日の内容は以上です。

インターネットで検索が簡単にできるiPhoneはとっても便利ですが、アプリを使うとよりiPhoneが便利になって生活が豊かになります。

何万というアプリの中から自分にピッタリなアプリを探して、iPhoneを便利なものにしましょう。

 

Youtubeでは動画で説明しているのでこちらもご覧ください。

アプリって何? iPhone教室 3時間目 - YouTube