iPhoneの使い方教室

iPhoneを使ってみたいというかた、iPhoneを持っているけど使い方がわからないというかた、そんなあなたの為にiPhone使い方をイチから学べるiPhone教室。iPhoneは説明書ついていないけど大丈夫!初心者でも機械が苦手でも動画と文章と写真で丁寧に学べます。

【はじめてのiPhone】iPhoneの選び方


スポンサードリンク

「そろそろガラケーを卒業して、はじめてのスマホデビューをしてみようかなと考えてるけど、スマホっていろんな機種があるし、一体どれを選べばいいのか全然わからない!」

と思ってる方はたくさんいると思います。

はじめてのスマホでなくても既にスマホを使っている方でも、次はどのスマホを選べばいいのか迷っている方も多いんじゃないでしょうか?

 

 

スマホの中でもiPhoneは日本で一番売れていて、個人的にも使いやすい機種だと思うので、スマホ初心者の方や、スマホの操作が苦手な方にもおすすめの機種です。

 

ですが一言でiPhoneといっても実はいろんな種類があり、それぞれ特徴がありこれまた選ぶのが大変です。

そこで本日はiPhoneの選び方について解説していきましょう。

 

これからはじめてのスマートフォンにしようと思っているけど、アイフォンとかアンドロイドとか全然わからないよ~って方はまずこちらからごらんください。

iphonekyoshitu.hatenablog.com

 

□もくじ

 

 

どんなiPhoneがあるの? 

ではまず2017年4月現在、どんなiPhoneが発売されているのかを見ていきましょう。

 

iPhone 7

iPhone 7 Plus(プラス)

iPhone SEエスイー)

iPhone 6s(シックスエス

iPhone 6s Plus

iPhone 5s

 

2017年4月現在この6種類のiPhoneを買うことができます。

ではそれぞれどんな特徴があるのか見ていきましょう。

 

iPhone 7 / iPhone 7 Plus

一番販売されているiPhoneの中で一番新しいのがiPhone 7iPhone 7 Plusで、2016年9月に発売されました。

 

このiPhone7とiPhone7 Plusは基本性能は同じですが、カメラ性能はiPhone 7 Plusの方がよく、iPhone 7 Plusの方が画面が大きいのが特徴です。

といってもカメラはどちらもとってもきれいです。

左がiPhone 7、右がiPhone 7 Plus

f:id:iphonekyoshitu:20170412172226j:plain

 

特徴

iPhone 7iPhone 7 Plusの特徴としてはおサイフケータイが使えることと、水濡れにも強くなった点です。

 

これまでのiPhoneは水にぬれてしまうとすぐに壊れてしまったのですが、iPhone 7iPhone 7 Plusは耐水になっているので、お風呂場でiPhoneを使ったり、キッチンで水でぬれた手でさわっても平気です。

Androidスマホだと防水の機種も多いので、これまではAndroidしか選べなかったという人も安心してiPhoneを選べるようになりました。

 

さらにおサイフケータイに対応して、suica(スイカ)も使えるようになったのでiPhoneをピッ改札にかざして電車に乗ることもできます。

これも以前のiPhoneにはなかった機能なので、これまでお財布を持たずにスマホだけで出かけていたという人も、iPhoneを選べるようになりました。

 

色と容量

iPhone 7iPhone 7 Plusの色は、ジェットブラック、ブラック、ゴールド、シルバー、ローズゴールド、レッドの6色でレッドは新色として2017年3月25日に発売されたばかりです。

人気があるのは男性ならピカピカのジェットブラック、女性ならローズゴールド(ピンク)ですね。

ジェットブラックと表の画面のふちが黒で、それ以外の色は白です。

 

容量(ストレージ)は、32GB(ギガバイト)、128GB、256GBの3種類

※容量とはiPhoneにどのぐらい写真やアプリを保存できるかで、32GBが一番少ない、256GBが一番多い。

 

もちろん容量が多くなれば金額も上がって、ひとつ容量をあげると1万円ちょっと高くなります。

残念ながら32GBの場合、ジェットブラックとレッドは発売されていないので選べないようになってます。

 

どこで買える?

iPhone 7iPhone 7 Plusは、ドコモ・auソフトバンクの3社から発売されているのでお近くのショップや家電量販店・ケータイ販売店で購入できます。

それとSIMフリーiPhone 7iPhone 7 Plusならアップルストアで購入することができます。

 

価格はケータイ会社によって異なりますがひとつ上の容量にするとさらに1万円プラス、iPhone7 Plusにするとさらに1万円プラスされるイメージです。

AppleストアでSIMフリーを買ったほうが、定価だと安いですが各種割引が適用されないのでどちらを買えばいいかは販売店で聞いてみましょう。 

 

iPhone SE

 2016年3月に発売されたiPhone SEは小さめで片手でも操作しやすいiPhoneです。

小さいですが、基本性能はiPhone7と比べてもそこまで遜色がなく、大き目のスマホよりも小さい方が使いやすいという方に人気です。

f:id:iphonekyoshitu:20170412180128j:plain

 

特徴

実はこのiPhone SEは2013年に発売されたiPhone 5sと形や大きさは全く一緒で、性能だけ上がったリメイク版なんです。

なのでiPhone 5iPhone 5sのケースを使うことができます。

 

性能的には次に紹介するiPhone 6sとiPhone 6s Plusとほとんど同じですが、インカメラ(自撮り用のカメラ)が120万画素とiPhone5sと同じぐらいでちょっと画質が悪いのが欠点です。

きれいに自撮りをしたい方はiPhoneSEを選ばない方がいいかもしれません。

 

色と容量

色はスペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4色。

スペースグレイは表の縁が黒、その他の色は白です。

容量は16GB、32GB、64GB、128GBがあります。

 

どこで買える?

iPhone SEはドコモ・auソフトバンクアップルストアの他に格安スマホのワイモバイルとUQモバイルでも購入できます。

ただしワイモバイルとUQモバイルでは32GBと128GBのみとなっています。

 

価格はケータイ会社によって異なりますがひとつ上の容量にするとさらに1万円プラスされるイメージです。

AppleストアでSIMフリーを買ったほうが、定価だと安いですが各種割引が適用されないのでどちらを買えばいいかは販売店で聞いてみましょう。 

 

また一部容量がお店によっては手に入りにくいこともあるようです。

 

 

iPhone 6s / iPhone 6s Plus

2015年の9月に発売されたiPhone 6sとiPhone 6s Plusは、iPhone 7iPhone 7 Plusと同じように、大きさがちがうだけで性能はほとんど変わりません。

f:id:iphonekyoshitu:20170412180701j:plain

 

特徴

発売されたのが1年前なのでiPhone 7と比べると少し性能は落ちますが、元々性能が高いので使っててもそんなに気になる差ではありません。

ちなみにiPhone SEはiPhone 6sと同等の性能です。

 

ただし、防水とオサイフケータイが対応していないので注意が必要です。

 

色と容量

色はスペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4色。

スペースグレイは表の縁が黒、その他の色は白です。

容量は32GBと128GBがあります。

もともとは16GB、64GB、128GBがありましたが、あとから32GBが追加されました。

 

どこで買える?

ドコモ・auソフトバンクから発売されていましたが、現在すでに生産終了しているのでちょっと手に入りづらいかもしれません。

アップルストアなら今でもSIMフリーのiPhone 6sとiPhone 6s Plusが購入できるようですが、容量は32GBか128GBだけとなっています。

 

 

他のiPhoneと同じように容量を一つあげると約1万円価格があがり、iPhone6s Plusにするとさらに1万円高くなります。

定価だとiPhone7と比べて1万円ほどしか変わらないのでいまさらiPhone6sを買うならiPhone7にしちゃったほうがいいと思います。 

 

iPhone 5s

2013年の9月に発売されたiPhone5s

本来ならiPhone 5s とiPhone 6sの間にiPhone 6があるのですが、iPhone 6は中古や売れ残りが無い限り手に入らないでしょう。

 

特徴

4年も前に発売されたiPhone 5sがなぜ今だに売っているかと言うと、お値段安めのiPhoneとして販売されています。

 

以前はドコモ、auソフトバンクからも発売されていましたが、こちらはすでに販売終了しており、現在販売されているのは格安スマホのワイモバイルかUQモバイルのみで、色もスペースグレイかシルバーの2色です。

容量はワイモバイルは16GBと32GB、UQモバイルは16GBのみ取り扱っています。

最近は店頭でも在庫が少なくなってきたようですが、ワイモバイルショップやワイモバイル取扱店で購入できます。

 

大きさはiPhoneSEと変わりませんが、外側カメラ性能や処理能力はだいぶ低くなってしまいます。

しかしiPhone SEと比べると2万円程価格が安いのでとにかくiPhoneを安く使いたいってかたにお勧めです。

 

 

iPhoneの選び方

以上6種類のiPhoneが現在発売されています。

iPhone 6sとiPhone 6s Plusはアップルストアでしか販売されていないので必然的にiPhone 7iPhone 7 PlusiPhone SEiPhone 5sになってくると思います。

 

ではiPhoneを選ぶポイントを考えてみましょう。

 

・ケータイ会社

・防水とおサイフケータイ

・大きさ

・容量

・金額

・色

 

iPhoneを選ぶうえで考えるポイントは上の6点です。

 

ケータイ会社

まずiPhoneを買う前にケータイ会社をどこにするのか選びましょう。

ドコモ・auソフトバンクにするのか、それともワイモバイルやUQモバイルなどの格安スマホにするのか、それともSIMフリーiPhoneを買って格安スマホを使うのかがポイントになります。

たとえばメールアドレスが変わると困るって方は今使っているケータイ会社を使う必要があります。

一般的に現在のケータイ会社をそのまま使うよりも、他の会社に電話番号はそのままで乗換えをしちゃった方が安くなる場合が多いので、お近くのケータイ販売店で聞いてみましょう。

 

ただし、ドコモやauソフトバンクだとやっぱりスマホの料金は高めです。

一般的に8000円前後、各種キャンペーンなど適用してようやく5000円ほどです。

とにかく安くしたい!って方は3000~5000円ほどで使える格安スマホがおススメです。

 

ただし楽天モバイルなど、iPhoneを取り扱っていない格安スマホを選ぶ場合はiPhoneSIMカードを別々で買う必要があるので、UQモバイルやワイモバイルで買ったほうが楽チンです。

初期設定とかいろいろありますからね。

 

 

防水とおサイフケータイ

次に防水やおサイフケータイが必要という人はかならずiPhone 7iPhone 7 Plusになります。

iPhone SEiPhone 5s、iPhone 6sとiPhone 6s Plusも防水とおサイフケータイはついていないからです。

とはいえ防水もおサイフケータイもなくても生きていけます!でもあった方がちょっとだけ生活が便利になりますよ。笑

  

しかし、iPhone 7iPhone 7 Plusは格安スマホでは販売されていないのでアップルストアSIMフリーiPhoneを買う必要があります。

 

 

大きさ

iPhoneの大きさは3種類あります。

一番大きいのがiPhone 7 Plus

中ぐらいなのがiPhone 7

一番小さいのがiPhone SEiPhone5sです。

iPhone 7とiPhone 6sは同じ大きさ、iPhone 7 PlusとiPhone 6s Plusは同じ大きさです。

左からiPhone7Plus、iPhone7、iPhone SE

f:id:iphonekyoshitu:20170413124445j:plain

 

iPhone7 Plusは他のAndroidスマホと比較してもかなり大きめですが、逆にiPhone 7は他のスマホと比べると少し小さめ。

iPhone SEに関してはダントツで小さいです。

 

どの大きさを選べばいいかは自分がどうスマホを使うかによって大きさは変わりますが、やはり画面が大きい方が見やすいです。

このブログを表示してみると分かりますが、文字の大きさは同じでも画面が大きいとたくさんの文字が表示されるのでいちいちページをめくる必要がありません。

f:id:iphonekyoshitu:20170413124739j:plain

 

しかし、大きい画面のほうが文字を大きく表示できるかというと結果どれを選んでも最大の大きさは変わりません。

f:id:iphonekyoshitu:20170413124850j:plain

 

写真のうつりの問題で画面の明るさがバラバラに見えますが、実際はiPhone7とiPhone7 Plusは画面の明るさは変わりませんが、iPhone SEはちょっとだけ暗いです。

 

私はスマホは立っているときにiPhoneを操作することが多いため、出来れば片手で操作したいので現在iPhone SEを使っています。

逆にスマホを使うのは座ってるときやゆっくりしているときが多く、両手で操作が可能ならiPhone7 Plus。

ある程度大きさも必要だけど、片手でも操作したい、大きすぎは困るって方はiPhone7がいいでしょう。

 

年配の方に関しては、小さい画面だと見づらいという方も多いので、個人的にはiPhone 7 Plusがおすすめです。

しかしiPhone 7 Plusは画面も大きい分本体も大きいので、iPhone 7でも大丈夫だと思います。

先ほども言ったようにiPhone5sやiPhoneSEは画面がちょっと暗いので目が悪い方にはあまりおすすめしません。

 

ちなみに今一番人気があるのはiPhone7、つまり真ん中のサイズです。

大きさに関して人それぞれちょうどいいサイズがちがうので。実際にお店に行って自分にどのサイズがぴったりか試してみた方がいいですね。

 

 

容量

iPhoneにはそれぞれ容量が決まっています。

SDカードを入れることができないので写真は本体に保存しておくのですが、写真やアプリをどのぐらい保存できるかという容量にいくつか種類があります。

 

iPhone 7iPhone 7 Plusなら32GB、128GB、256GB。

iPhone SEなら16GB、32GB、64GB、128GB。

iPhone 5sなら16GB、32GBです。

 

ケータイ会社によって販売しているものやすでに生産終了してしまっている容量もあるので気を付けましょう。

 

ではそれぞれの容量でどのぐらい保存できるかと言うと、32GBでも写真なら軽く数千枚は保存することができます。

 

しかし32GBとは言っても実際に32GB丸ごと使えるわけではありません。

iPhone自体がもともと容量の一部を使っているので実際に使えるのは32GBでも27GBぐらいで、表記の容量よりも5~7GBほど少なくなります。

さらに容量が1~2GBを下回るとiPhoneの性能がフルに発揮できなくなってくるので常に2GB以上は開けておきたいところ。

そして大き目のバージョンアップだと1GB以上あるのでもう2GBは開けておきたいので32GBのiPhoneでも使えるのは23GBぐらいという事になります。

 

じゃあどれを選べばいいのかと言うと写真やアプリをほとんど取らないなら32GBあれば充分。

ただし写真をあんまり撮らない人でも16GBだとのちのち足りなくなる可能性があります。

 

逆にある程度写真を撮ったりアプリをダウンロードするなら64GBは欲しい所。

 

写真もアプリも取りまくる!って方なら128GB以上がおススメですが、iPhoneを壊してしまうとデータは全て消えてしまうので定期的なパソコンでのバックアップをおススメします。

 

もちろん容量を上げるとその分金額も上がりますが、あとから容量を変更することはできないのでここはケチらずにちょっと余裕を持った容量を選んだ方がいいと思います。

 

 

金額

iPhoneの金額は本体の大きさに比例して上がっていきます。

iPhone 7 Plusが一番高くて、iPhone 5sが一番安い。

金額は気にしないならピッタリなのを選べばいいですし、なるべく安くしたいなら大きさを下げましょう。

あとは容量を下げればもちろん金額も下がりますが、あとあと容量が足りなくて公開する可能性があるのであんまりオススメしません。

 

 

ここまでくればもうほぼ決まったようなものです。

あとは自分の好きな色を選ぶだけです。

でも意外とここが難しい所です。

それぞれのiPhoneによって色のバリエーションがちがいますが、女性にはローズゴールドが圧倒的に人気です。

男性はもちろんジェットブラックやブラック、スペースグレイの黒系が人気です。

 

とはいえ色を選びに迷ったとしてもケースを付けるならほぼ意味がありません。

ケースを付けたら色関係なし。

 

唯一表面に関しては、ジェットブラック・ブラック・スペースグレイは画面側も黒ですが、ゴールド・シルバー・ローズゴールド・レッドは画面側は白です。

表はケースをしても隠れないのでここだけ気にしてればいいかもしれません。

 

とはいえこれから2年は使うiPhoneです。

自分の一番気に入った色を選ぶのが一番いいと思います。

 

 

さあ、ここまでひとつづつ見ていったあなたならもうほとんど自分にピッタリなiPhoneが決まっているんじゃないでしょうか?

金額に関してはお店や時期によって異なるので実際にお店で聞いてみましょう。